投資用ワンルームマンション購入マニュアル » 年収別・投資用ワンルームマンションで成功した人の声 » 年収500万円未満

年収500万円未満

年収500万円未満でワンルームマンション投資を成功させた方の事例を紹介しています。

ワンルームマンション投資成功事例

口コミ50代・男性

以前は外資系証券会社の社員として働いていましたが、自らの希望で、高校生や社会人に対して英語を教える仕事をするようになりました。目指していた職業には就くことができたのですが、証券会社時代と比べて格段に収入が少なく、将来に対する不安がありました。

そこで、今まで貯めてきた資産をうまく運用し安定収入を得たいと考えるようになりました。はじめは株式投資をやっていたのですが、思うように資産を増やすことはできず、たどり着いたのが安定性が高い不動産投資でした。

不動産投資ほどリスクが少なく、将来の老後生活に備えるために最適な投資はないと分かったのですが、不動産物件を選定することに不安を感じていたのも確かです。しかし管理会社のプロが厳選した物件なら間違いないだろうと購入を決めたのです。

現在では2戸のオーナーとして仕事とは別に毎月安定した家賃収入を得ることができています。今後は仕事や家賃収入で得た資産を新たな物件購入の資金に回して、さらに資産を増やしたいと考えています。

口コミ40代・男性

数年ほど前から、今後の将来の経済的なことについて不安を感じ始めました。日本は多額の借金を抱えていますし、私たち個人にもしわ寄せがきて、そのうち現状の生活を送ることができなくなると考えたわけです。

今の仕事以外に別の収入を考える必要が出てきて、何をするべきかを考えた結果、不動産投資や投資信託が候補に上がりました。投資信託はその道のプロが運営していますが、極端に言ってしまえば上がるも下がるも運次第でギャンブル性が高いものです。

その点、長期保有をして確実にそして安定的に家賃収入が得られる不動産投資の方が、自分には合っているのではないかと考えたのです。不動産はそのもの自体が無くなることがないし、空室保証があるのでマイナスの収入はなく、現物を自分の目で確認できます。

最初は1物件(手取り利回り6.5%)のオーナーになりました。その後、2物件を持つことの運用の優位性がわかって2物件目(手取り利回り 6.8%)も購入し、現在に至ります。両物件ともローンを組んでいますが、はやく繰り上げ返済をして真のオーナーになれるよう計画しています。

口コミ40代・女性

働いてまとまった貯蓄ができたのですが、超低金利時代が長く続く中で、資産をどのように運用することが最も効果的なのかずっと考えていました。銀行に預金をしていたとしてももらえる利息はたかが知れています。

そんな時に不動産投資を知ったのは何かの縁かもしれません。中古ワンルームマンションを1室持っていれば、毎月の手取り家賃はだいたい6万円前後で定期預金よりも何十倍もお得です。

株式投資なども検討しましたが、どれも運用が難しく、私のような素人ができるものではありません。初心者でも楽に投資収入が得られるのは不動産投資が一番かなと思いました。

予算は1,000万円。都内で交通アクセスがよく、駅から徒歩10分圏内の物件を探していたところちょうど良い物件が見つかりました。

物件の管理はすべてお任せしているのでこれといった心配はありません。空室募集だけでなく、契約業務や月々の賃料管理、修理受付手配などやってもらえるのでて楽をさせてもらっています。銀行よりもずっと良い収入が得られているので大満足です。

ライン

おすすめ ワンルームマンション取扱い会社BEST5はコチラ
ワンルームマンション投資を
成功させるために
年収別・投資用ワンルームマンションで成功した人の声
投資用ワンルームマンション取扱会社ランキング

サイトマップ