投資用ワンルームマンション購入マニュアル

ワンルームマンション投資成功のための業者選び

サイトマップ

ワンルームマンション投資の成功ノウハウを指南

不動産関連の記事を書いているフリーライター(38歳・男性)です。
20代のサラリーマンの頃から不動産投資に興味を持ち始め、これまで区分所有のマンションを5つ購入。最初の頃は立地の悪い物件を購入して失敗もしましたが、現在では安定した家賃収入を得ています。不動産運用やマンション経営に関するブログも複数立ちあげ、その魅力について日々情報発信しています。
私のおすすめは中古物件です。なぜなら、販売価格が安く高利回りなうえ、新築よりも価格下落のリスクが少ないから。さらに、入居需要が高い都市部のワンルームマンションを選ぶことで、空室リスクを回避することができます。
このような条件が全て揃った最新物件をお見せしましょう。

最新物件をチェック

投資用ワンルームマンション

ワンルームマンション投資を成功させるために

ワンルームマンション投資を成功させるための情報や事例を紹介しています。また、投資用ワンルームマンションを扱う不動産会社を比較調査したランキングも公開しています。

>>投資用ワンルームマンション取扱会社ランキングはこちら<<

ワンルームマンション投資のメリット

高層マンション

  • 自己資金が少なくても始められる
    少ない予算で始められる。また、毎月の家賃収入があるため、それをローンの返済に充てることができるので安心。
  • 高利回りが期待できる
    現金を銀行に預けていてもほとんど増えることはないが、ワンルームマンション投資なら平均5%以上の利回りが期待でき、安定した資産運用が可能。
  • 私的年金として活用できる
    ローン返済を定年までに終わるように組めば、完済後は安定した家賃収入が得られ、私的年金として日々の生活の支えとすることができる。

高層マンション

  • 生命保険の機能がある
    ローンでマンションを購入すると団体信用生命保険に入るため、返済の途中で万が一のことが起こった場合には残債は一括返済。遺族はのまま家賃収入を得たり売却することが可能。
  • 節税対策として有効
    マンション投資は事業とみなされ必要経費が認められる。これを賃料収入から差し引き赤字になると、確定申告で住民税や所得税の還付を受けられる。
  • 入居需要が高い
    単身世帯の数がファミリー世帯の数を上回る昨今、通常のマンション物件よりもワンルームマンションのほうが比較的入居需要が高い

リスクを回避するのに必要なこと

ワンルームマンションでの資産運用は、投資である以上、もちろんリスクも存在します。

  • 空室リスク
    空室が何ヶ月も続いてしまうと家賃収入が無いばかりか、ローンを組んでいる場合は支払いが持ち出しになってしまう。同様に家賃滞納が発生すれば家賃収入を得ることができない。
  • 経年劣化による修繕費用の発生
    経年劣化などで建物に傷みや不具合が発生し、修繕費用が必要になることも。購入費以外にも諸費用がかかることは頭に入れておく必要あり。

こうしたリスクを自ら抱え込んでしまっては、なかなか解決はできません。リスク回避のためには、マンション購入後も管理・サポート体制がしっかりしている不動産会社を選ぶことが、重要なポイントになります。

「マンションを販売して終わり」の会社ではなく、借り上げ方式で空室や滞納保証のシステムが用意されている、賃貸管理代行をやってもらえる、修繕積立金など長期的なプランがしっかりしているなど、その会社のサポート力を事前に調べておきましょう。

>>投資用ワンルームマンション取扱会社ランキングはこちら<<